親の介護から学ぶ

ずっと仕事は続けたい、ネット社会だからできることもあるから!

親の生活支援から自宅介護~入院~長期療養型病院入院となり姉妹で交代で病院に行く生活になりました。生活支援からでは4年めです。 老後自分ですべてをできなくなり誰かの支援が必要になってから最終までの期間てほんとうにひとりひとり差があるのです。 …

認知症を家族は認識していなさすぎる!

親と離れて暮らしている時、認知症になる人は少ないと思っていました。でも親の生活支援をするようになって多くの高齢者は軽いけれど認知症ぎみだと思います。 わたしの親の場合は、レンジの消し忘れが心配でだれかがいっしょにいるようにしました。万一火事…

親の介護をしていると健康と認知症にならないことがいちばん!と思える。

親の生活支援を3年、その後入院から長療養型の病院へと親の暮らしを助けはじめて4年目になりました。88歳からひとりでは少し無理がでてきたのです。 近所には94歳で買い物以外はひとりで出来ているひとり暮らしの人もいますから個人差は結構ありますね…

健康寿命を延ばさなければ長生きしても意味がない!

長期療養型病院に母が入院しています。介護施設でないと自宅でみるのは難しい状態だからです。介護施設もすぐに適当なところが見つかるとは限りません。 そこに入院している人は、たいてい80歳以上で寝たきりか認知症と老衰の混じった感じの方が多いです。…

認知症予防って可能なのだろうか?

母はしっかり者で甘えない性格でした。でも90歳頃からお金も管理ができなくなりました。生活の支援が必要になったのは89歳頃から。 完全に一人暮らしはできなくなったのです。自分のことはできるのですが、火の始末などが不安になったのです。 思えばこの…

アレルギー性鼻炎に桶通茶(つうつう茶)を飲む。

アレルギー性鼻炎でだんだん年齢を重ねるごとに鼻づまりになってきました。それでこのお茶を試します。初めてなので送料無料の少ない量で試します。 【送料無料】桶通茶[つうつうちゃ]8包(シジュウム、甜茶、ハトムギ、枇杷葉、紫蘇葉、薄荷、ネト… つら…

親の生活支援、自宅介護、入院、施設と変化していくなかで…

高齢の親の介護期間は短い人、長い人さまざま 親が高齢になっても人手はあるから大丈夫と甘く見ていたけれど、思っていたよりもいろいろあることがわかってきました。 はじめは支援からはじまり、たまには行かない日があっても料理もできていたけれど、その…

介護ロボットがしてくれることはお世話ではなく、指導だった!

介護ロボットは今後まちがいなく老後の私たちの暮らしに必要な役立つグッズになると思います。 友人と高齢の母のオムツの話になり、どんなに高齢でもそれは恥ずかしいことだとわかったのでした。恥ずかしい気持ちって年齢で薄れるのかと思っていたのですがそ…

認知症の親の姿は体の病気よりも寂しい

高齢になってひとり暮らしができなくなると子供が親の家で手伝うか親をひきとるか?という問題になります。 実際には子供が引き取ることも多いし、施設に預ける場合も多いのですが、親の家に手伝いに行く場合、親の家に引っ越す場合もあります。 わたしは親…

認知症予防は生活習慣が基本、というけれど

認知症は本人も哀しいし、介護する人も使辛い 認知症予防で大事な毎日の習慣では、1日に2回は鏡をみること、毎日30分は歩くこと、つまり、有酸素運動が大事とのこと。それからよく噛むこと、会話することなども大事なのだそうです。 認知症のなかでも患…

高齢者の介護施設や長期療養型の病院の情報を得る方法

90歳を過ぎた親が入院し治療が終わったけれど、退院してお家で見るのはむずかしい状態の場合、すぐに特養の介護施設には入院はできません。こんな場合、そうすればいいのか?考えていませんでした。 病院やケアマネさんに相談し、老健病院や長期療養型の病…