健康に生きるための栄養バランスのとり方は、自然でありたい!

病気になって晩年を一年でも数年でも寝たきりで介護されるのは耐え難いことだと感じるのは親の介護をするようになってから。周囲の人も点滴、酸素の管、栄養の管、排尿管などにつながれた人のなんと多いことでしょう!

こういう実態を見るにつけ、突然死はそんなに不幸ではないと思わずにはいられません。それを避けるために栄養バランスも適度な運動もこころの健康も維持しなければと思うのです。

 

栄養バランスのとり方は自然を心がけるべきでは?

トレーナーさんのブログを読んでいて、うーん、と思いました。トレーナーですから、健康な体造りの専門家です。

わたしは、20歳のころから食べ物と健康に関しては仕事はしていませんが、本や実践でずっと学んできました。自然食、有機栽培、自然栽培、無農薬、無添加、マクロビオテック、糖質制限、など。

f:id:cy03:20170826155335j:plain

そして医師も栄養士も考え方はとても違い、専門家だから正しいとは言えないと思いました。あまりも相反する考え方なのです。

そして行き着いたのが、”それは自然か?”を基準に考え選ぶことです。人が化学的に分析してわかることもあり、わからないこともあるという結論になったからです。

動物の生き方も参考にはなるし、植物の育ち方も参考になるし、先祖から続いて来た習慣にも学ぶこともあり、最後に選ぶのは自分です。

 

健康維持にプロテインやサプリメントはいらない!

トレーナーさんは、プロテインをすすめ、水素水をすすめていました。なぜ、タンパク質をプロテインで飲んで摂取するのでしょう?たんぱく質を含むものを食べればいいのに。プロテインは原料が牛乳と大豆があります。

わたしは国産の無調整豆乳を飲んでいます。牛乳は子牛のもの、人が飲まなきゃいけない理由がありません。

f:id:cy03:20170826155400j:plain

毎年無理にお産をさせ牛乳を出させそのためにはやく体がダメになり肉牛にする、このシステムででる牛乳が人の健康に良いとは思えないのです。つまり少し病弱な牛の牛乳です。

 

水素水も、体をサビさせないといっても原水は水道水です。(天然水で水素水もできますが。)それよりも体をサビさせないためには、新鮮な手を加えていない天然水や添加物のない食べ物を選ぶ方がいいと思いませんか?

食べることを化学し過ぎる必要はありません。普通に育った普通のもの、生命力のある汚染されていないものを選ぶことの方が大事だと思います。

 

人も自然の一部だから自然に普通に食べたい!

なので、トレーナーさんのアドバイスは役立つことはあまりありませんでした。だからわたしは、栄養強化ドリンクやサプリメントは全く摂りません。

それよりも食材を季節の物、国産、できれば近くの物、できれば自然栽培の無肥料無農薬を選びます。野菜工場栽培の野菜も食べません。

f:id:cy03:20170826155632j:plain

現代人は考え過ぎ、化学分析し過ぎ、あらゆるものを食べ過ぎ、不自然な食べ物を作り過ぎ、サプリメントを作り過ぎです。だから医学が進んでも進んでも新たな病気ができて病人は増えるばかりです。

わたしは、シンプルに大まかに栄養バランスを考えて安全な食材を選び健康を維持しようと思います。信じるのは自分の選択眼です。