健康のための歩きかたと歩数を間違っていませんか?

青柳幸利医師の17年の実験データでわかった真実は?

65歳以上の人を17年データをとり続け今なお継続中の、青柳医師のデーターでわかったことは、8,000歩/1日のうち、20分は速歩きが理想的とのこと。

群馬県中之条町で今もなお、この実験は続行中で、世界ではじめてのデータだそう。

 

一日一万歩歩きましょう!が定着していた感じですが、そうではなかったのです。

 

この、8,000歩とは、家事や仕事や通勤や遊びも含んでのことなので、ウォーキングを8000歩しなくていいのです。

これ以上歩くのは体力はつくけれど、健康効果はないのだそう。

 

f:id:cy03:20170717180847j:plain

 

 人々の平均が、日常の暮らしで歩く歩数が、主婦で4000歩、シニアで2000歩、会社員で5000歩だそうです。

あなたが主婦なら、後、4000歩き、そのうち、20分が速歩きでいいのです。一般的に、8000歩とは、約5キロだそうですから、時間で言うとⅠ時間です。

普通に歩くと4000歩は30分くらいですから、あと、ウォーキングは速歩きを20分、普通歩きを10分すればいいだけですね?

 

私の場合はひとり暮らしなので日常の歩数は1000歩くらいかな?だから50分は歩いたほうがよさそうです。

 

健康のために歩く場合の注意点

水分補給しながら歩く。夕方歩くのが良い。炎天下は危険なので、デパートの中を歩くのもいい、ゴルフは歩き過ぎになるので、カートに乗ったほうがいい、など。早朝ゴルフも危険なのです。

 

水持参であるきましょうね!スポーツドリンクは水で薄めて飲むのもいいそうです。

朝起きた時は、血液どろどろ、心拍数や血圧は上昇しているので、この状態で歩くと、脳卒中や脳梗塞が起こりやすいのです。

 

歩けない人は、室内で足ふみでも効果があるし、階段の上がり降りも速歩き効果があるそうです。

 

歩幅を広く歩くと、背筋が伸び正しい姿勢になる!

20分の速歩きで意識すべきは歩幅を広く!

これが大事なのです!歩幅を広くすると、背筋が伸び、腕を振り、自然に姿勢がよくなりちゃんと運動になるのです。

 

f:id:cy03:20170717180851p:plain

 

 毎日、8000歩き、そのうちの20分が速い歩きであれば、認知症、がん、糖尿病、骨粗鬆症、寝たきり、うつ病、などのなるリスクがかなり減るなんてうれしいですね?

大腸がんは便秘が原因であることが多いそうだし、歩くことで便秘改善になるし、歩くことはいいことづくめです。

便秘原因は食べ物の繊維不足と運動不足が一番の原因ですから。

 

カルシウム不足で骨粗鬆症になるのではなく、多くは運動不足が原因ですから。

カルシウムはとっても運動とセットでないと体は吸収しないのです。だから、牛乳を飲むよりも歩いて水を飲みましょう!

高齢者が転んで骨折は、いちばんの原因は運動不足だからカルシウム不足になっているのです。

牛乳は赤ちゃん牛に必要なもので、シニアには要らないのです。運動しないと、牛乳飲んでも、小魚食べても、わかめ食べてもカルシウム増えないのですよ!!